本当に排水管から水漏れしているのか

本当に排水管から水漏れしているのか 気が付いたときには、家の中が水漏れで水浸しになってしまうというような事は、どこでも起きる可能性があります。早急に修理をして対処していかなければ、さらにひどい状態になってしまう可能性もあります。ですが、一体どこから漏れてきているのかも考えていかなければ、何ら対処もできなくなってしまいます。修理をすることはできなくても、調査だけでも自分でできれば費用を抑えられる可能性があります。
特に排水管などから漏れてきているようなときには、素人では手が出せないことも有り得ます。自分で修理ができない場所だと認識すれば、すぐに次の手も打てるようになるのですから、確認作業は重要な意味があります。

■水漏れ跡があれば何らかの原因がある

水漏れが床に見られるときには、すぐに大きな問題が起きていると考えてしまうでしょう。ですが、本当に水漏れなのかといったことを確認しなければいけません。何かをこぼしてしまったのか、それとも水回りとは別のところに原因があるといったことも出てくるからです。電化製品の中にも水を使っているものがあり、こうした製品が原因となってしまっているときもあるでしょう。
確認することとして、水漏れがあったとするのであれば、排水管の周りに何らかの変化があります。被害も集中しやすいところになるでしょう。さまざまなところに排水管も通っているはずですが、水道管とともに重点的に調べてみると、原因がだんだんと見えてくるようになります。もしも、原因と考えられるようになれば、そもそも水が流れてこないように元栓から締めてしまうことも考えていく必要があります

■排水管から漏れているかどうかを確認
排水管などは、はっきり見える位置にあるわけではありません。そうなると、本当に漏れているかどうかを確認できないことも出てくるでしょう。ほんの少しずつ漏れているときも、原因なのかどうかが判別しにくいことも出てきます。例えば、管事態に小さなクラックが存在し、本当にわずかずつ漏れているようなときには、なかなか気付きません。ですが、放置しておけば、やがて大きな問題となり、破裂することも考えられます。
排水管は、さまざまな設備に取り付けられています。水を使えば、排水をしなければいけないのですから当然です。そこから追っていくことができれば、水漏れを見つけられる可能性があるでしょう。水を流して反応を見ることも必要になってきますが、あふれだしてくると、それだけのリスクを発生させることは理解しておかなければいけません。

■目視からスタート

水漏れは、目視からスタートしていきます。濡れているところがあれば、必ず可能性があるからです。排水管の場合、屋外も考えられるため、土が濡れているといったことも判別できるポイントになってくるでしょう。配管のリストがあれば一番ですが、まずはしらみつぶしに探してみることが重要です。
音も大事なヒントになってきます。水がしたたり落ちる音だけではありません。止水栓を締めてみて、配管に耳を近づけてみると、流れている音が聞こえることもあります。これだけでも把握できるようになってくるため、異常な音がするということで探すことも可能です。

■まとめ
排水管の問題は、大きな損失も招くことが出てきます。かなりの水道料金を支払うことになることもあるため、確実に原因を探っていかなければいけないでしょう。どうしても判断が難しい状況にあるのであれば、すべて専門業者に依頼して調査してもらうことも重要です。そのままにしていても改善しないのですから、手は打たなければなりません。修理などに関しては、排水管は素人では難しいこともあり、参考にしながら専門業者に依頼するのがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース