排水管の水漏れの前にメンテナンスを

排水管はメンテナンスをすることによって、トラブルを未然に防いでいくことができるようになります。自分の持ち家の場合には、そのままにしてあるといったこともあるかもしれません。ですが、あまり目にしないからといって、メンテナンスもしないでおけば、そのうち水漏れを起こしてしまうようなトラブルになる可能性が高まります。

■排水管だからこそメンテナンス

メンテナンスなど必要なのではないかと思われがちですが、定期的にする必要があります。マンションなどでは、管理をするため、そこまで気にする必要はなくても、持ち家の場合には自分で管理を考えていく必要があります
実際に排水管には汚れがたまるようになり、そのうち錆が出てきます。だんだんと劣化が進んでいくことになりますが、これが古い物件を購入した場合には、もっと大きなトラブルを抱えているケースもあります。目に見えない部分になるからこそメンテナンスをするべきです。



■5年がひとつの目安

メンテナンスのタイミングは、流れなくなる前です。トラブルになる前に対策をすることが重要になるからです。一般的に定期的なメンテナンスは自分たちでするとしても、5年に1度は大掛かりにおこなう方がいいでしょう。高圧洗浄機などを使えば、より確実にメンテナンスが可能です。
流れが悪いと感じた時にも、メンテナンスが必要です。完全に流れなくなると、打てる手が少なくなってくるため、異変を感じたのであれば、早期に対応することが重要です。


■まとめ
配管は、排水管でなくても劣化が進みます。これが水漏れの原因にもなってくるのですから、早めの対応が重要になるでしょう。耐用年数もありますが、これよりも早く劣化が進むこともありますので、油断をしないことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ