排水管の水漏れの応急処置

排水管から水漏れしていることがわかっているとき、応急処置として対応させる方法がいくつかあります。排水管には、水による圧力はかかっていません。水が通ったときだけちょろちょろと漏れてくる可能性があるのですから、応急処置で一時的に対応することもできるでしょう。

■自己癒着テープで補修

応急処置のための道具として、水漏れ専用テープと呼ばれるものがあります。これらを使うことによって、一時的に水漏れを止められるのが特徴です。
いくつかの種類がありますが、自己癒着テープは、のりなどを使用していません。素材自体が事故癒着できるところに特徴があり、引っ張って貼り付けていきます。のりも接着剤である以上、どうしても水には弱くなりますので、自己癒着テープは強度を保ちやすい補修方法といえるでしょう。



■防水補修テープとラップテープ

防水補修テープも排水管の水漏れの補修に使えます。伸びの良い素材で作られており、密着しやすいため、曲げのある部分でもしっかりと止めることができるところが特徴です。テープ自体も防水仕様であり、水漏れにも対応できるようになっています。
ラップテープも補修によく使われる素材です。シリコンゴム製で、はがした時にものりがついたりして汚れるようなことがありません。配管自体も綺麗な状態を維持して長持ちするためよく使われます。




■まとめ
水漏れに対応できる補修材はいろいろとあります。ですが、一時的に水漏れを止めるというだけで、根本的に直すわけではありません。できるだけ早めに根本的な部分から改善できるようにしていくことが求められるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ