排水管の水漏れの初期対応

家庭の中には、さまざまな配管が通っています。水漏れということで考えると、水道管と排水管が問題になってくるでしょう。同じように扱われることもありますが、全く別物です。特に水漏れの原因として考えた場合、被害の大きさにも違いが出てくることになります。

■水道管と排水管の違い

基本的な概念として、水道管はつまることがありません。水を供給するための配管であり、高圧で送りこんでいます。もしも、老朽化など劣化が起きてくると、破裂してしまう危険性があり、大量の水が流れ出すことになるでしょう。
排水管は、使った水を外に排出するための配管です。使用済みの排水のため、圧力を掛けることがありません。自然に流れるように作られています。ですが、異物が詰まってしまう可能性があり、汚水が溢れ出てくる可能性があります。




■排水管から汚水を受け止める

排水管から水漏れが確認できるときには、水道管のように噴き出してくることは稀です。それでも流れてくることは間違いないため、まずはバケツを用意して、受け止められるようにするといいでしょう。ビニールシートで巻いて受け止めバケツに流すと確実です。
汚水のため、できるだけ早めの対処が必要ですが、ゴム手袋などをつけて作業をするといいでしょう。異物が取り除けても、排水管が破損している場合には交換も考える必要があります。


■まとめ
排水管は、わかりにくい部分を持っています。しかし、衛生上の問題として考えても、できるだけ早期に対策をしなければいけません。受け止められるようにしてから、専門業者に水道 修理を依頼するというのも方法として考えておくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ