排水管の水漏れと異物の除去

排水管から水漏れが確認できた時に、詰まっているものを取り除くことは重要な対処方法となっていきます。これだけで水漏れが直ることもあるのですから、大切な作業となってくるでしょう。ですが、排水であることから、さまざまな準備をして臨むことが水漏れの対応となってきます。

■異物がつまっていることがわかるなら

異物がつまっていることがわかっている場合には、まずは作業できるスペースにビニールシートを張ります。これで周囲を養生しておけば、被害が広がることはないでしょう。
なにがつまっているかもわかりませんし、決してきれいなものではないため、衛生面に気をつけて作業することが重要です。水が少なくなり、排水管の中の遺物に手が届けばそのまま除去します。




■水が流れているときしか漏れない

重要なポイントとして、排水管に水が通っているときにしか水漏れは起きないということです。それ以外のときは水は流れていないのですから、起きることはありません。この状態で被害の拡大を抑えられないようなときには、排水管を使用しないようにします。そのうえで、水道 工事業者を手配して修理を検討するといいでしょう。状況によっては、配管ごと交換するといったことも必要になってくるからです。



■まとめ
水漏れの原因はいろいろとありますが、自分で手に負えないときには、すぐに業者を手配したほうがいいでしょう。プロであれば、確実に修理ができるからです。異物に対して手が届かないときでも、すぐに対応もできるようになります。被害を拡大してしまうことも出てくるのですから、対応策は常に考えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ